ダイエットがしたい女性たち
  • ホーム
  • 肥満治療に使用される薬剤別の効果の説明

肥満治療に使用される薬剤別の効果の説明

ピザを食べる女性

肥満治療に使用される薬は、抗肥満薬と呼ばれる薬剤であり、食欲を抑制する事で摂取エネルギー量を減少させる食欲抑制剤と消化吸収を抑制する消化吸収阻害薬、消費エネルギーを増加させる代謝促進薬に分類されています。
食欲抑制剤の成分には、マジンドールやシブトラミン、フェンテルミン、ベンズフェタミン、ジエチルプロピオンなどがあります。
サノレックスは、マジンドールを主成分とする日本で唯一承認されている食欲を抑制する効果がある薬剤であり、BMI35以上の時のみ保険適用で高度肥満治療に使用される薬剤です。
高度肥満以外は、自由診療となります。

シブトラミンは、交感神経を活発化させ副交感神経の働きを抑制する事で、脳を興奮状態にして食欲を抑制する効果があります。
消化吸収阻害薬の成分には、オーリスタットやアカルボース、ボグリボースなどがあります。

オーリスタットを主成分とするゼニカルは、脂肪の加水分解を促進する酵素リパーゼの働きを阻害し、腸で脂肪を吸収せずに便として排出する肥満治療に使用される薬剤です。
ゼニカルの主な副作用は薬効により消化不良の状態になるので、下痢や未分解の脂を垂れ流してしまうという点があります。

アルカボースは、食後の血糖値の上昇を抑制する効果を有する糖尿病の治療に使用される薬剤であり、食後の急激な血糖値を抑えインスリンの分泌を抑制し、低インスリンや炭水化物抜きダイエットと同じ効果があります。

代謝促進薬の成分には、カルニチンやバナジウム、スレオニン、ナイアシンなどがあります。
非必須アミノ酸であるカルニチンは、肝機能を高めて脂肪の代謝を促進し、中性脂肪や脂肪酸の燃焼を活発化させる効果があります。

バナジウムは、中性脂肪やコレステロールなどの代謝を促進し、インシュリンの分泌を安定化し、血糖値を正常に保ちます。

サイト内検索
人気記事一覧