メンタルコーチが必要とされているのは?

メンタルコーチが必要とされているのは?

メンタルコーチという仕事がある程度一般化されて始めています。プロスポーツ選手が取り入れていることもあって注目を浴びています。

どうしてメンタルコーチに着目されるようになったのでしょうか。人々の心の不安や悩みが複雑化するなか、各領域でニーズが高まりつつある仕事と言えるでしょう。

どのような仕事なのか詳しく迫っていきます。

メンタルコーチの仕事内容

メンタルトレーナーの仕事は、クライアントが抱える悩みやストレスのケア、問題解決、目標達成などを目的に、精神力(メンタル面)からサポートをすることです。

心と体は密接につながっているため、心の状態を良くすることで体の動きやパフォーマンスを向上していきます。

クライアントが緊張や不安を取り除き、主体的に動いて望む結果が出せるようにサポートしていくのがメンタルトレーナーの役割なのです。

トレーナーはまずクライアントの話をよく聞いたうえで、カウンセリングやコーチングなどといった心理学をベースにした専門的な手法を用い、目的達成へと導きます。

活躍の場はスポーツ、ビジネス、芸術、教育、医療など多岐にわたる領域です。

非常に応用がきく仕事と言えますね。

メンタルコーチのやりがい

メンタルコーチの仕事はどういうところでやりがいを見つけていくのでしょうか。私が感じたことを書いていきたいと思います。

メンタルトレーナーはクライアントがなりたい姿へと導く仕事であるため、常に人の可能性を信じていくことは魅力の1つです。

また自分の行ったトレーニングの結果はクライアントの変化としてわかりやすく表れるため、よい変化が見られた時にはやりがいを感じると思います。

そしてメンタルトレーニングが成功すればクライアントに感謝され、何事にも代えがたいうれしさがこみあげてきます。

中々普通の仕事ではあり得ない喜びが手に入るのが強みです。

メンタルコーチの将来

最近はスポーツをはじめ、ビジネス、教育、芸能、芸術など、多岐にわたる分野でメンタルトレーニングを取り入れた人材育成プログラムやカウンセリングが実施されはじめているようです。

人々の価値観やライフスタイルが多様化する現代社会において、メンタルにアプローチするこの職業の需要は高まる一方だといえます。

活躍の場はまだ開拓する余地がたくさん残っているため、自分自身で進みたい道や方向を決めていく姿勢でいることが大切でしょう。

TOPページを見る