今話題のマインドフルネスとはいったい?

今話題のマインドフルネスとはいったい?

最近様々な企業にも取り入れているマインドフルネス。

これはいったいどういう意味を持ち、どんなメリットがあるのでしょうか。

あまり理解していない方もいると思いますし、マインドフルネスという単語を始めて聞いたという方もいるかもしれません。

ここではマインドフルネスの解説にうつっていきたいと思います。

マインドフルネスとは?

マインドフルネスの意味として、「今、この瞬間の体験に意図的に意識を向け、評価をせずに、とらわれのない状態で、ただ観ること」と説明されています。

もう少しわかりやすくすると、「今の気持ちや身体的状況を受け入れる心を育む訓練」です。雑念を捨て、五感に意識を集中させ、ありのままを受け入れる心の育成が“マインドフルネス”と言われています。

科学的な見地から効果あり

瞑想ときくとちょっと怪しいなと思う方はいるかもしれませんが、実はしっかりと医療分野で効果が出ています。

「マインドフルネス瞑想」のプログラムで、慢性的な痛みとの共存を目的としたもの。マインドフルネス瞑想は多くの研究によって、体や脳への効果、臨床治療の有効性が示されています。

マインドフルネスのメリット

集中力・記憶力の向上があげられます。マインドフルネス瞑想で得られる効果の一つである「集中力の向上」

目を瞑ってマインドフルネスの世界に入っていく行為は人が集中力を発揮する状態と似ていると言われています。記憶力も向上していきます。

日々の仕事や生活の中で感じているストレス。多くの人が根本的な原因と向き合うことなく、ストレスを抱えたまま過ごしています。マインドフルネス瞑想では、自らの心と向き合うことでストレスの原因と向き合い、溜まっていたストレスを解放することができるようになります。

自分の心と向き合うことで心に余裕が生まれるマインドフルネス。自らを見つめ直すことで感情のコントロールができるようになります。

そして、感情をコントロールできるスキルを身につけると、相手の気持ちの理解もできるようになります。

一方的な感情でぶつかることがなくなり、相手の考えなどを受け止められるようになり、良好な人間関係を築いていくことができるのです。

まとめ

精神的に余裕をもてるようになるために多くのメリットが存在しています。

一朝一夕で手に入れるのは難しいと思いますが、グーグルといった企業も取り入れているためやっておいて損はないでしょう。

TOPページを見る