正しい料金設定とは?

正しい料金設定とは?

料金設定、これを見て商品についての高い安いを判断することが多いです。しかし、ここで注意しなくてならないのは何を基準にしているかということです。

比較対象と言えばいいのでしょうか?それを間違えしまい間違った判断をしてしまうと高い安いの判断が出来なくなります。世の中には意外と高い安いの判断を間違ってしまう方がいます。

コスパ、いわゆるコストパフォーマンスがいいという言葉に騙されないでちゃんと自分で検証して高い安いかを判断するのはどうしていけばいいのかを研究していきたいと思います。

高い安いを判断する前に

高い安いを判断するときに料金を一般的には見るでしょう。これが商品なら価格ですね。しかし、これを値段だけで判断してしまうととんでもなくおかしなことになるので注意が必要です。

例えば、100万円という高いですが、これが100万円の車となると一気に安いという結論になると思います。もちろんスペックなども比較しないといけませんが、仮に一般的に流通している車とほぼ同等ということにしておきましょう。

どうして100万円の車が安いと感じるかというと大体の人々は車は100万円以上すると思っているからです。

このようなことを相場と言います。相場感より高い安いで判断するのが正しいのですが、前述したように純粋な数値だけで決めてしまうと高いか安いかを上手くはかることができませんよね?

なのでこの相場感というのをしっかりと把握しておくことが大事なことがらとなります。

相場感がわかると正しい料金がわかる

相場感がわかるとどんなものであれ、相場から逸脱しているなというのがわかるようになります。高いほうか安いほうかということですね。

そうするとどんな料金でも正しい判断ができるようになるので、本当にどれがコスパがいいということわかります。

相場から高い場合や安い場合はどうしてそんなに離れているのかということを調べやすくなりますので、そうすると何事も正しい比較を持って選べると思います。

かなり地味な作業になってしまうのですが、お金に関わることなのでここは生活の知恵として理解していたほうがいいです。

正しい料金を覚えることは大切

どんな中身がいいものであってもこれ相場から大きくずれてあまりにも高すぎるよねという場合はちょっと考えてみればいいと思いますし、安い場合はコスパがいいということになります。

買い物上手になる極意のようなものになりますので、覚えておくことはかなり大事となりますね。

TOPページを見る